発達障害について


 発達障害とは、自閉症(高機能自閉症・アスペルガー症候群などを含む)、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)などをいいます。
 上の図のように、それぞれの症状は重なり合っていることが多く、例えば自閉症の方でADHDやLDの症状を併せ持つ場合などが多くみられます。発達障害の個々の能力には幅があり、色々な分野で才能を発揮している人も沢山います。ここでいう発達障害とは、日常生活や社会生活に何らかの困難を抱えている人をいいます。
 原因は、親の愛情不足や単なるしつけの問題、本人の性格によるものではなく、生まれながら脳の何らかの問題で起こるものです。本人のわがままと捉えられるなど、理解されにくい障害であるため、頻繁に叱られたり注意を受けるなどが積み重なって、さまざまな二次障害的情緒障害が生じやすくなります。代表的なものは、抑うつ、孤立感、劣等感で、さらに不登校やいじめなどにつながることもあります。
 発達障害の中でも「自閉症」「高機能自閉症」「アスペルガー症候群」などのことを総称して「広汎性発達障害」といいます。
 これらの障害は主に三つの特徴をもっており、これを「三つ組みの障害」と呼びます。

三つ組みの障害

 




1、社会性(対人関係)の障害
・人との関わりは持とうとするが、相手の気持ちや状況を考えない言動が多い。
・関わり方が一方的、マイペース。
・同年齢の人と相互的な関わりが持てない。
・場の雰囲気が読み取れない。
・年齢相応の常識が身についていない。
・人の感情、気持ちの理解が弱い。
・共感性が弱い。
などがあります。

2、コミュニケーションの障害
・同年齢の人と同じくらいの言葉を使う、難しい言葉や漢字を知っている人もいる。
・言葉の意味をきちんと理解していなかったり、文字通りの解釈をしてしまう。
・言葉の裏の意味が分からない。
・人の気持ちを想像することが難しい。
・顔の表情や声のイントネーションなどから読み取れない。
・相手が自分と同じことを知っているか、興味があるかを考えず、延々と話し続ける。
・非言語的コミュニケーションの理解が難しい。
などがあります。

3、想像力の障害と特異的な行動
・興味が偏る。
・目に見えないことに楽しみがもてない。
・応用がきかない。
・相互的遊びは苦手。
・考えや気持ちをリセットすることが苦手。
・常同行動を繰り返す。
などがあります。

その他にみられる特異な症状

4、感覚の障害
・光や音に敏感に反応するなど、特定の知覚について過敏(感覚過敏)である。
・痛みに鈍感。
などがあります。


5、知的機能のアンバランスさ
・計算力や記憶力など特異な能力が突出している。
・能力の凹凸があること。
などがあります。

広汎性発達障害 (自閉症スペクトラム)
  上記の三つ組みの症状があります。ただし自閉症といっても、症状は様々で感覚の問題を併せ持っていたり、一人ひとり違います。明らかに知的な遅れがない自閉症を高機能自閉症といいます。
 
アスペルガー症候群
  三つ組みの症状のうち、コミュニケーション障害が軽いグループで、言語発達の遅れがあまりないのが特徴です。しかし、会話ができるために障害があることも理解されにくく、誤解されやすい障害であるといえます。

注意欠陥多動性障害(ADHD)
 「多動性」「不注意」「衝動性」を主な症状とした発達障害と考えられています。ADHDの症状は年齢とともに変化します。一般的に多動、不注意といった様子が一番目立つのは学齢期です。思春期以降はしだいに目立たなくなるともいわれています。

学習障害(LD)
 全体的な知的発達に遅れはありませんが、「聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する」能力のうち、いずれか一つ以上が上手くできない状態をいいます。